2012年12月05日

国東の立石町

 先日、友人と共に大分国東を訪れた。
 その第一の目的は立石町への訪問である。
 九州に立石という地名は数か所あるが、この国東の立石が一番大きな町である。
 しかし訪れてみると、ここ立石町もかつて金鉱を掘り出した時代に栄えた所だったとのことだが、今ではすっかり、ただの田舎の集落である。
 駅前の店に立ち寄り話しを聞いたが、かつての面影はない。
 「鉄道も駅員が30人ほどいたが、日豊本線の特急も停まらない無人駅になっている、寂しい限り」と話していた。
 ひと昔前に繁盛した、石炭や鉱山の地域はほとんどが、かつての姿をなくしている。
 そして昭和三〇年代と平成の合併で、その周辺集落は離れ小島のように閑散となり時代の流れとともに過疎化が進行している。
 何処も年寄り屋敷へと変わっていく運命にあると言えるのではあるまいか。
 さて、わが鳥栖市の立石町はどのように進むのか?
 いや、どうしていくのか、足元を見つめ、地域のことを考えるべき時かもしれない。
IMG_4363.jpg

 
 
 
posted by むた秀敏後援会 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。