2012年03月31日

辞令

 厚さ寒さも彼岸まで、との言い伝えがある。
 まさに、そうで春の彼岸入りしてから暖かさを感じる。
 空は花曇りの日が続いているが、季節の節目を肌で感じている。

 また、この時期は人事の季節でもある。
 人生の門出や別れ、一枚の「辞令」なるものが、その人の一生を決することになるドラマもあり、人間模様を描く時でもある。

 先日、テレビの討論番組で言ってたが、人生は“運”に左右される。
 昔の人は「あの人は生まれ星がいい」と、すなわち生まれた時からの運、不運がある。

 それを切り開いていくか、萎んでしまうか、その人の生き方、考え方によって違ってくる。
 皆それぞれに運を持っていて、それ以上に、それ以下にするかは本人自身の問題である。
 運を拓くことも自分の努力で可能な部分もあると思う。
 
「辞令」をもらって、一喜一憂せず、己を信じて、人を信じて頑張ってもらいたいと期待する。

 
posted by むた秀敏後援会 at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。