2011年10月27日

30、あとがき

 我が国には、日本人だけで1億2千万人以上の人がいる。
 それは1億2千万以上の生き方、考え方あると言える。
 そして、それぞれ悲喜交々の人生を送っているのである。

 私は、戦後の引き揚げと事故の二度死線を越える体験をしたが、このような人生を送った方はそう多くはあるまい。
 世の中には運命、宿命的なことがあることも事実だと信ずるのも私一人ではあるまい。
 ケガの時、母から「お前が注意ばしとらんけんたい。」と叱られた。
 言い訳に聞こえるかも知れないが、あの瞬間の出来事は注意不注意の次元のものではなく、避け難い一瞬のことだった。
 引き揚げも事故も天が私に与えた試練であり、これらのことを乗り越えてこそ新しい人生が開けてくるものだと、今思えばこの二つの死線を越えたことによって人生一大転機を迎え、新しい人生のスタートであったと思っている。

 ケガによって境遇も人生観も変わり、これまでの物事、事柄など全てを台風のごとく一掃し新しい人生の流れが始まったと思ったものである。
 この二つの死線を越えた体験を常に忘れることなく、人生を力強く勇猛果敢に生き抜いて、これまでの得難い体験と教訓を生かし、その実現を図っていきたいと決意したものであった。

 この後の政治への道は全て故参議院議員福岡日出麿先生を師匠として進んでいくのであった。
 私にとって福岡先生なくして、今日の私は有り得ないのである。
 多くの指南、指導、激励を頂き心から感謝している。
 また、晋子奥さまに心からなる温かいご交誼に深く感謝している次第である。
 福岡日出麿先生ご夫妻は、自分勝手ながら私の政治の道での両親だと思っている。

 この稿で、引き揚げの部分には正確さを欠いているとも思うが、母から聞いた話を繋いでみた、それなりの思いは入れたつもりである。
 元来文才もない私が随想の形でまとめてみた、ご一読頂きご批評頂ければ幸甚である。

 私の命を救ってくれた田中二郎先生が四十過ぎの若さで他界され、君は他人より十年は早く死ぬぞと言われたが、古希を迎えた。
 幸いにも夫婦共に健康であることを神仏に感謝し、この稿の締めくくりにしたい。

posted by むた秀敏後援会 at 08:50| ケガと人生の転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。