2011年07月27日

結婚25周年に招かれて

 仲人をしたある夫婦の25周年に招かれ、妻と共に参加した。
 恥ずかしい話だが自分達の25周年の時など思いもしなかった。

 出席して、ご健在の奥さんのお母さんに久しぶりにお会いでき嬉しい思いだった。
 そして、何よりもこのような人生の節目の時に、親しい人達と互いに祝いの膳を共にすることは大変良き事だと感心したものである。

 そして、その催しを主人が奥さんだけには一言も言ってなかった、全くのサプライズだったこともビックリした。
 私共への案内状には夫婦の連名だったので尚更である。
 それは夫の妻を思った心からのサプライズだった。

 そして私共にも花束をもらい仲人をしたことへの配慮など気配りにも有難く感謝したものだった。

 あと7年で結婚50周年となるから、その時はと妻に言うと、
    二人とも元気であればね・・。

 
posted by むた秀敏後援会 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。