2012年12月07日

さらば、エンタープライズ

 1961年に就役した原子力空母エンタープライズが50年余りの活役を終え引退する。
 この空母には深い思い出がある。
 1968年に米軍佐世保基地への入港の際には、国内の保守革新双方のグループが佐世保に結集し、賛否それぞれの街宣デモ等々、佐世保の街は騒然となった。
 それぞれの運動は激化し大変な状況で、佐賀でも革新グループや佐賀大学の革マル派など連日のごとく「エンタープライズ反対」のシュプレッヒコールを発しながらデモを繰り広げていた。
 自民党は県連の青年部を中心に街宣車を佐世保に送り、活動を展開、エンタープライズの寄港目的と日米安保の重要性を訴えたものだった。

 エンタープライズがその役割りを終え引退する、まさしく一つの時代、世代が終った。
 ご苦労様と言いたい思いである。
posted by むた秀敏後援会 at 05:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。