2012年11月11日

いまは幸せかい 

 ♪ 幸せなら手をたたこう 幸せなら態度で示そうよ〜 ♪  ♪ いまは幸せかい 二人とも〜 ♪
 もう古い歌になったが、ヒット曲として唄われたものだった。
 人の幸福感はそれぞれ異なるもので、「幸福感度」を数字で示すことが出来るのだろうかお思うが、すでに内閣府が2000年度に国民生活選好度調査を実施していた。
 そして欧州を中心にした調査では10点満点として、最高がデンマーク8.4、続いてイギリス7.4、フランス7.1、わが日本は20位程度の6.5で高くはない。
 幸福感を高めるため政府が目指すものは
 ・公平で安心できる年金制度
 ・安心して生み育てることのできる社会
 ・雇用や居住の安定確保
 と続いた、食料やエネルギーの自給率向上も大切であるが、将来を見据えた国家運営がより重要であると期待する国民の声も大きいのである。
 少なくとも人々の生活の基盤づくりは政治、行政の大きな役割りではあるまいか。
 幸福感の高まる世の中にしてほしいものである。
 いま年金を払いすぎているので、減額の方向にあるとか? ウソだろう。
 
posted by むた秀敏後援会 at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。