2012年11月08日

巨人、大鵬、たまご焼

 今年の日本シリーズは最終戦が全てを物語っていた。
 手に汗握る大接戦で1点の攻防は、見応えがあった。
 巨人、日本ハム双方に心から拍手を送りたい。
 スカットした心地よいテレビ観戦ができた。
 原、栗山両監督にお礼を述べたい気持ちだ。
 特に日ハムの栗山監督はプロ初監督、そしてリーグ優勝、すばらしいの一言で、来季も大いに頑張ってもらいたい。
 低迷期と言われるプロ野球界には、かつての最盛期時代の再来を待ち望む声が大きい。
 関係者の奮起を期待する。
 昔、「巨人、大鵬、たまご焼」との言葉が流行り、当時も巨人は常勝して当然であった。
 原監督はそのような運命を背負って大変だろうが、更に頑張ってもらいたい。
 今の子供達にとって、「巨人、大鵬、たまご焼」に変わるものは何だろうか?
 聞いてみたい気がする。 
posted by むた秀敏後援会 at 06:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。