2012年11月07日

歌謡曲・・・人生の応援歌

 NHK恒例の「大阪メロディー」の放映があった。
 大阪を中心に懐かしく、想い出深く聴き入っていた。
 その中でも「王将」は上京のたびに必ずと言っていい程、口ずさんでいた。
 ♪ 明日は東京へ出ていくからは、何が何でも勝たねばならぬ ♪
 と用件がすべてうまくいくように“勝”との意気込みであった。
 陳情ごとなど順調に運んだ折には、心の中で唄ったものだ。
 この歌の大ヒットで歌手、村田英雄は歌謡界の看板スターの地位を不動のものとした。
 また偉大な作曲家古賀政男氏との作品も数多く、我々世代が青年期から成長していく時代の「男の歌」として力を与えてくれたものだった。
 テレビの歌謡番組も今日ではNHKの「歌謡コンサート」、「BS日本のうた」、民放の「木曜8時のコンサート」だけになっている。
 歌謡曲ファンには寂しい限りである、「大阪メロディー」も末永く続くことを期待している。
 
PS:このブログも今回で記事数が400回です。 to be continued
posted by むた秀敏後援会 at 07:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。