2012年10月03日

認知症シンポ

 認知症と向き合うシンポが福岡であり、講演とシンポで大変参考になった。
 生活リズムと食事が大切とのこと、これは全てに当てはまることである。
 特に認知症は散歩は30分以内、1時間以上はダメで週2〜3回歩く。
 食事は20〜30種の物を、特にブロッコリー、小松菜、ナッツ類がいい、酒は1合程度、有酸素運動は留意すること。
 また、「どげんでんなる」という気持ちも大切、人生、生きていくにはくよくよせず、「どげんでんなる」と自分に言い聞かせることも認知症予防には大切だと思った。
 帰りに道草を食って、いつもより2時間ほど遅れ電車に乗った。
 ところがである、走り出しても特急や快速のため停車時間も、ちょいちょい長く、丁度夕刻のラッシュ時間帯で、普通列車はあちこちの駅で待った。
 家内が駅に迎えに来ていても、なかなか着かない。
 途中電話が鳴るが、列車ダイヤは全く知らない。
 また電話が鳴る、「何しているの」、声が荒い、でもこちらは電車の中だ。
 予想していたより、だいぶ遅くなった、ダイヤは正確なのに・・・
 また電話が鳴る、「何しているの」、「電車に乗っていると言うたろうが」
 今夜ほど鳥栖と博多が遠いとは、・・・こちらが認知症みたいになった。
posted by むた秀敏後援会 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。