2012年09月29日

にゅうめん

 神埼市の仁山に製麺所があり、その側に食事処がある。
 この店には、家族や友人たちとよく行くが、私のお決まりのコースは「にゅうめん」だ。
 ソーメンを歯ごたえよく茹でてあり、美味しいのである。
 なにか宣伝みたいになったが、ソーメン好きな人は一度食べてみては。
 もう一つの楽しみは、食事処の奥の畳敷きの席からの城原川の流れる光景が気に入ってる。
 もうこの時期になると水量も多く、深みのところは淡い緑色の水流が渦巻いている。
 石と石の間や、苔のついた石を越して流れ、また石にぶつかる様子は自分の人生にも重なる思いもする。
 じーっと眺めていると、川の方から返事がくる、そんな感じだ。
 美空ひばりの「川の流れのように」を思い浮かべるときもある。
 川面に木の葉が落ちてきた、秋色の葉っぱだ。
 日一日と深まりいく秋。
 ソーメンのにゅうめんが一段と美味しい季節へと流れていく。
posted by むた秀敏後援会 at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。