2012年09月23日

富士の初冠雪

 9月中旬にしては、早いようである。
 これから秋も深まり、冬支度を始めていく。 この自然の流れに逆らうことは、誰にもできない。
 大自然に生きるものは、等しくその環境で生きていく。
 ♪♪頭を雲の上にだし、四方の山を見わたして、雷様を下に聞く、富士は日本一の山♪♪ と歌ったものだ。
 外国の観光客も、すばらしい富士山を見て帰国しようとする者も多いと聞く。
 そう言う私自身、いまだ未登頂である、一度はと思っているが・・・?
 かつて、山梨の方の富士5湖周辺から眺めたことがあり、その場にカメラの三脚を設置した多くの方々がいた。
 夕日にに染まる赤富士を撮りたいとの思いでその時を待っているが、いまだシャッターチャンスがないと言っていた。
 霊峰富士との言葉通り信仰心を持って登る人も多い。
 その思いは人それぞれだが、登る頂きはただ一つ。
 ある時、新幹線の車窓から雪山の富士を見た、澄みきった青空と富士がとてもステキで心を満たしてくれたひと時であった。
 今年もまたその季節がやってくる。IMG_4203.jpg
(初冠雪前、河口湖早朝の富士)
posted by むた秀敏後援会 at 07:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。