2012年09月11日

政界再編は中盤戦

 次期衆議院議員選挙への準備は着々と進み、今や中盤戦、国会も恒例の空転劇で現職、元職、新人もそれぞれ白熱化している。
 こうなると選挙戦への流れは、一気呵成に進み戦いへと突入していくのが、これまでのパターンのようだ。
 私は10月7日を投票日と予想したが、これはどうもハズレのようだ。
 ここに来て年内、年明け、新年度初め、いや任期満了、衆参同時選挙などと大売出しのように並んできた。
 いや、バナナの叩き売りみたいな具合だ。
 もう、どうにでも成れと、そんな気分に成りはしないか。
 そんな全ての要因は政治不信、政治家不信である。
 昔から信無不立(信なくば立たず)である。
 国民の信頼を得るために、政界を再編してよりよい姿の衆議院を、いや衆参合わせた国会の姿へと改革を断行してほしいと念願するものである。
 このスタートは政界再編の姿に現れるものである。
 議員諸氏の活躍を期待してやまない。
 
posted by むた秀敏後援会 at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。