2012年09月09日

議員定数

 衆議院選挙を目前にして、衆参議員定数が更に過熱しそうだが、その内容たるや党利党略が中心である。
 政党政治の今日、自らの議員生命を賭けてのことであり、議員どうし、政党間の思惑等を加えると複雑怪奇になって、議員どうしの話し合いがつかないのも、一面分からないものでもない。
 かつて、中曽根元首相のもとで土光臨調を立ち上げ、改革に取り組み大きな成果を上げた。
 この手法を持って、数々の行政改革が実現したのは記憶に鮮明に残っている。

 今日の改革も、いくつもの内閣が挙げ、取り組む姿勢は見えたものの、行く先は五里霧中のように思える。
 利害の絡まぬ第三者機関を法的に設置し、こんごの議会制民主主義国家に耐えうる議会制度の抜本的見直しの中で議員定数のあり方を確立すべきと提言したい。
 本来、議会で国民の期待する改革が実現することを切望するものであるが、これまでの歩みを見ていると、ちょっと無理な気がする。
 このことを、議員自ら恥ずべき事だと思っているのだろうか?

 
posted by むた秀敏後援会 at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。