2012年09月03日

剪定と散髪

 いつもお盆前だった庭木の剪定が都合により盆過ぎになり、夏場は草木の成長も早く予想以上に茂った。
 二日ほどで立派に剪定が終わり庭がスッキリとなった。
 何事も、餅屋は餅屋の格言通りと思う。
 特に松や槇など、素人がすると後が大変になる。
 しかし、世の中では素人で腕の良い人もいるとか、ただ私は長年続けてくれる人の方が安心でいられる。
 
 散髪もそうだ、行きつけの店の方が安心できる。
 イビキまでかくので、眼を開けて「イビキかいてた?」と聞くこともあるが、私のイビキは音も大きく、自分ではわからないが店の人に迷惑のかけどおしみたいだ。
 いつもだが散髪の後は気分爽快で気分一新となる。
 また今月もいつもの理容店へ行き、気分爽快を味わってこよう。
posted by むた秀敏後援会 at 09:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。