2012年07月09日

ありがとうスズメさん

 先にツバメやスズメを見なくなったことを書いた。
 ところがである、先月末の朝9時半すぎに庭を歩く三羽のスズメを見た。
 あのようなことを書いたから、「まだ居るよ」との挨拶のようだった。
 チュンチュンと鳴いて長くは居ずに飛び去った。
 今度は友達など連れて来てくれればと思っている。
 かつてのようにスズメ達に飛び回ってほしいと、急いでこの稿を書いている。
 私にとっては感動的な出来事だ。
 昔から、忘れたころにやって来る、と言うがスズメの事はまさに忘れたころに・・・である。
 この出来事をややオーバーに言えば、最近で最も嬉しい事であった。
 暫らく庭を歩き回っていたが、飛び去って行ったその姿が可愛く思った。
 また来いよ、こんな気持ちになったのは久しぶりのことだ。
 心を癒されたひと時だった。
posted by むた秀敏後援会 at 07:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。