2012年06月08日

衣替え

 若々しい学生たちも一斉に冬服から夏への衣替えをした。
 わが家でもコタツを掃除し、夏スタイルに、敷物も布から籐のものに敷き替えた。
 厚ぼったい布地が一掃され、部屋を見渡してみると何か身軽さを感じた。
 夏が来たと実感した。
 6月1日から“スーパークールビズ”スタイルが始まった。
 省電力が社会の流れになることは大変結構なことである。
 この際、政治、行政、社会そのものの衣替えを期待する向きも多いのではあるまいか。
 それぞれ関係者の努力を一層期待したい。

 あのクールビズを発案し実行したのは小宮悦子衆議院議員であり、当時若干の違和感を持っていたが今日ではすっかり定着した。
 昔から“衣替え”とは異なるが、いまのスタイルが今後の衣替えのスタイルになっていくことは当然の流れとなるに違いない。
 ただ、自分のスタイルにこだわることも大切だ。
 今年は昔買った短パンでも履いてみようか。 どうかな?
posted by むた秀敏後援会 at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。