2012年05月29日

ラジオな生活

 昼間の時間帯にはテレビよりラジオを活用している。
 書きものの時などは尚更である。
 ラジオは当然ながら音のみなので、耳だけ活動すればよい。
 内容を選択して、しっかり聴いたり、聞き流したり耳だけで自由に使い分けることも出来る。
 他人に迷惑をかけることもなく、しかも電池式で電気も節電型、音量を下げて聞くと本当に長持ちする。
 今までとは時間の使い方、金銭感覚も少しは変わっていくと思っていたが、金銭の方は一向に変化していないので、家内に厳しく管理されているのは変わりない。
 放送はNHK佐賀局のみである、他に浮気はしない。
 コマーシャルが無いのが一番良い。
 民放テレビは不況の影響からかCMが多く、時にはウンザリしている。
 ラジオ、しかもNHKは有難い。
 子供に話すと「お父さんも年寄りになったね」と一言。
 内心、ラジオは年寄りのものではないぞ、と言ってやりたい気持ちだ。
 
posted by むた秀敏後援会 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。