2012年05月05日

地球人と宇宙人の会話

 S・Fドラマや子供向けの番組で地球と宇宙を題材にしたものが多い。
 未知の世界は色々と空想を描ける、それだけで楽しいものだろう。
 どれもリアルに描けているドラマだ。

 いまや人工衛星やロケットの発達で宇宙の未知の世界を段々と知ることが出来、そして長期に滞在することにより宇宙での暮らしと実験や観測など色々と知ることが出来るようになった。
 月への軟着陸には当時の世界は沸いたものだった。
 今日では宇宙に基地を作られるようになり、S・Fの世界そのものが実現となってきた。

 こんな会話の時代が来る。
 「昨日、火星から帰ってきた。ひと月地球にいて月に行きまた地球に帰って来るよ。」
 「次回は久しぶりに妻と同伴で行くよ。あっ、そうそう金星にいる叔母がよろしくと言っていたよ。」
 こんな会話ができる日も遠くはあるまい。
 21世紀中には未知の世界が無くなる時代が到来する。
posted by むた秀敏後援会 at 06:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。