2012年05月03日

筑後川に水上演舞台

 筑後川花火大会は歴史もあり全国的に規模も大きく有名である。

 そこで両岸の久留米、鳥栖地域で水上での催しを考えてみた。
 水上に舞台を作り、夜はかがり火を焚いて舞台を盛り上げたらと思っている。
 その姿が水面に映える光景など想像するだけでも楽しく面白くなる。
 両岸が観客席で、少し遠目になるかと思うが自分なりに工夫して観るのも楽しみ方の一つになる。
 オペラグラスが必需品になるかもしれない。
 出演者は両岸から舟で送迎し、色とりどりのカクテルライトで盛り上げグレードアップする。
 カクテル光線と音楽のコラボもいいのではないか。

 次々と夢は広がる。
 思うだけでも楽しくなり、実現したいものである。
 新しい夏の催しとしてはどうだろう。
posted by むた秀敏後援会 at 06:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。