2012年05月01日

カラスのあいさつ

 私にはカラスが鳴き声で言ってることを理解する能力は無い。
 それどころか、これまで鳴き声は山ほど聞いてきたが、観察などしたことがない。

 或る日の朝、庭先でカラスが鳴くのをジーッと聴いてみた。
   カァー、カァー、カァー、カァー、そして  カァー、カァーと鳴く。
 次にクァー、クァー、クァー、クァー、一瞬おいてクァー、クァー、と。
 それぞれ4と2のリズムのように聞こえた。
 誰かが仲間に呼びかけているのだろう。

 その時だ、「今起きたのかい。君もヒマになったかい。人生において、今も大切な時だ。もっと計画性を持って楽しみ、そして元気で頑張れよ。」と諭されたように聞こえた。
 力士が力水をもらったようだ。

 今日は良い一日かもしれない。
 サヨナラも言わず去って行った。
 いや、最後のカァー、カァーがサヨナラかも知れない。
 あれはカラス語だ。
posted by むた秀敏後援会 at 06:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。