2012年05月31日

二つのフィバー

 今年の5月は金環日食と東京スカイツリーの開業で日本中大フィバーで終わった。
 テレビを見ての感想でしかないが、実際はどうだったのだろう。
 特に金環日食は二度と見ることが出来ないと思うと自然と熱が入っていた。
 残念ながら当日は曇りで見ることが出来なかったが、今は便利で全国の様子をテレビ放映してくれるので、その様子を知ることが出来た。
 この目に焼き付けているので生涯の思い出としたいものだ。

 スカイツリーも世界一高いとのことで、これも楽しみだ。
 私たち世代には東京タワーの開業時を思い出させてくれた。
 赤いタワーはその時代の我が国の象徴でもあった。
 世界でもトップクラスが2つもある都市はあるまい。
 東京の、いや日本の名所になった。
 私にとって、今年5月の21、22日は生涯忘れることのできない日となった。
posted by むた秀敏後援会 at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

あなたの幸福度は?

 経済協力開発機構(OECD)が昨年より公表している各国の幸福度を測定する「より良い暮らし指標」の最新版が公開された。
 日本はOECD加盟36か国中の21位で昨年の19位から下がった。
 理由は色々あるが中でも「仕事と生活の調和」「生活満足度」の評価が響いたとのこと。

 国内でも住みよい都市ランキングが近く出版される。
 住みよい、住みやすい、との観点からの評価である、それぞれの都市が気になるものである。
 我が国も世界的に経済大国になったが、幸福感と言った切り口で評価されると、まだまだ低い位置にある。
 これからの政治、行政は住民が幸福感の持てる社会環境づくりに努めることに留意すべきだ。
 人生の幸福感も自助、共助、公助をライフサイクル的に考え生活していくことが大切だと考える。
posted by むた秀敏後援会 at 09:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

ラジオな生活

 昼間の時間帯にはテレビよりラジオを活用している。
 書きものの時などは尚更である。
 ラジオは当然ながら音のみなので、耳だけ活動すればよい。
 内容を選択して、しっかり聴いたり、聞き流したり耳だけで自由に使い分けることも出来る。
 他人に迷惑をかけることもなく、しかも電池式で電気も節電型、音量を下げて聞くと本当に長持ちする。
 今までとは時間の使い方、金銭感覚も少しは変わっていくと思っていたが、金銭の方は一向に変化していないので、家内に厳しく管理されているのは変わりない。
 放送はNHK佐賀局のみである、他に浮気はしない。
 コマーシャルが無いのが一番良い。
 民放テレビは不況の影響からかCMが多く、時にはウンザリしている。
 ラジオ、しかもNHKは有難い。
 子供に話すと「お父さんも年寄りになったね」と一言。
 内心、ラジオは年寄りのものではないぞ、と言ってやりたい気持ちだ。
 
posted by むた秀敏後援会 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。