2012年03月27日

上海航路の復活と展望

 ちょっと古いが
  ♪♪ 船を見つめていた
    ハマのキャバレーにいた・・・
    ・・・リル リル どこにいるのかリル
    だれかリルを 知らないか  ♪♪

 と「上海帰りのりル」は続くが、かつての長崎ー上海航路が復活したことは、東南アジアと九州の一体的発展に繋がるものとして期待されるものであり、3月2日に第1便のオーシャンローズが上海港にせつがんしたことは、誠に喜ばしいことである。

 日中間には色々と問題課題はあると思うが苦難を乗り越え、安定した東アジア地域の繁栄に取り組むべきであり、いまが一つのチャンスではなかろうか。

 両国の繁栄のために人々の往来を進め、交流を一層深めることが、第一義的なことである。
 その中で相互に信頼される関係の構築をし、しっかりとした足取りで前進すべきものと思う。

 東アジアの平和と安定のために。

IMG_3795.jpg
 残念ながら、写真は長崎港でなく佐世保港
posted by むた秀敏後援会 at 08:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。