2012年03月19日

自らやってみろ

 先日、テレビ番組を見てたら、俗に言う評論家やそれマガイの人たちが橋下大阪市長と議論を交わしていた。
 すると、橋下市長が「あなたがたも、そういう意見や考え方があるのなら、出馬して首長でも議員でもなってみなさいよ。そんな言ってばかりでは」と途中退席された。
 用件があっての事と思ったが、その後戻って来たかは知らない。

 評論家やコメンテーター、番組ゲスト等はほとんどが“言うだけ番長”の人が多い。
 傾倒に値する意見が少ないように思う。
 中には、すばらしい番組があることも事実であるが、余りにも少なすぎる。
 逆説的に言えば少ないだけに内容のある番組にしてほしいものである。

 これまでの橋下氏の政治手腕と実行力には敬服するものがある。
 まさに、有言実行の政治家であると見る。

posted by むた秀敏後援会 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。