2012年02月29日

サルの訪問

 これまでも幾度かあったが、妻の話だと今回は親子連れでの訪問であった。
 山の食べ物が、この寒さの中で思うようにいかなかったのだろう。
 誰でも食べることが一番である。

 倉にあったミカンを食べて、こともあろうに車のボンネットに食べかすをのせ、汁をこぼしていたのである。
 都合、我が家には三泊して山に帰ったようである。

 今年は全国的に雪深い冬であるが、いままでサルが“お泊り”することはなかった。
 よほど山奥は寒いのだ。

 まだまだ寒い日が続く予報である。
 サルの宿泊のため食事の準備位はしておかねばと思っている。

 そんなことを家内に言ったら、後の言葉は想像がつくので・・・・お察しを・・・
posted by むた秀敏後援会 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。