2012年02月23日

共生、共益の生き方

 あの東日本大震災で私達の考えや世の流れが大きく変革してきている。
 戦後、我が国の基本的国家運営方針であった、自由民主主義社会と資本主義経済社会で大きな成長と繁栄そして発展を遂げてきた。
 いま、その自由民主主義の社会制度と資本主義社会のあり方そのものに変革を求める声が次第に大きくなりつつあるように思う。
 戦後、アメリカを手本としてアメリカの発展、繁栄と共に、我が国も寄り添って大きく成長して来たと言える。
 
 だがしかし、米国は9.11事件、我が国は3.11大震災で非情な流れが押し寄せて来た。
それは二つとも想像を絶する甚大な被害をもたらせた。
悲しい思いは今も脳裏から離れることはない。
 そして今なお多くの人々が苦しんでいる、大震災の復旧と復興の見通しさえ完全なものはない。
いや、見通しが立たないのが本音ではあるまいか。
それ程この課題は大きく深いものであるに違いない。

 本当に国を挙げての取り組みを必要としていると思うし、私達は少しでもお役に立つ取り組みをすべきであり、心のこもった募金も続けるべきだ。

 また、経済の大きな津波はヨーロッパを起点としている。
中国経済が世界の防波堤になるかと思いきや、その中国にも陰りが感じるので、我が国こそ世界同時不況を起こさないためにも頑張らなくてはならない。
 ギリシャやイタリアなどの波もやがて大きいうねりとなり、我が国へと押し寄せて来ることは間違いあるまい。

 暗い話になったが、これがドラマの筋書きであってほしいものである。
昭和初めの世界不況のように猛吹雪が吹き荒れてほしくないと思うものである。
しかし、そうはいくまい、世界的な大嵐、大津波を乗り越えなければ世界的にも我が国としても明日の展望はあるまい。

 そのためには、世界の人々が共生共益の視点に立ち、ものの見方考え方をする必要があると思う。
今後の社会は共生、共益の理念に基づくものであるべきではないか。
 ここで改めて自由民主主義社会、資本主義経済社会に共生と共益という複眼の考え方こそが、今後の社会の基本的理念として取り入れるべきものだと思う。

posted by むた秀敏後援会 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

孫の教え

 家のある立石町から県道川久保線を中原町の方へ、1.5km程歩くとコンビニがある。
 先日、娘の孫三姉妹を連れて買い物に行った。
一番小さい子が三歳になるころで往復歩けるか心配であった。
畔道を歩き県道へ出た。一番下の子も元気に歩いて来た。

 コンビニで買い物と言っても菓子類ばかり、帰り道の自販スタンドで飲み物を買う時である。
「みんな、飲みたいものは?」と言うと、一番上の子が「おじいちゃん、お茶の大きいの一つでいいよ。みんなで飲めばいいよ。」そして「お金をあまり使わないで」と言った。
 
小さいながら気遣いしていた。
一本のお茶を回し飲みして歩いた。
末の孫もずーっと歩いた。嬉しく思った。
買い物袋も、おじいちゃんは手をケガしているから一つでいいよと、子供達が分けて持ってくれた。

 ちょっとの間に成長した孫に教えられた。
“老いては孫に従えであるか”?
posted by むた秀敏後援会 at 07:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

雪虫の舞

 (ブログ再開)
ムーちゃんのブログを再開します。

「あなただけへの話」として書いてみたいと思っている。
思いのまま、気の向くままに“雑感”として書くつもりだ。
 そして気楽に書いていく、ご批評、ご批判を頂きたい。

 どうも政治の話題が多くなりはしないかと、いまから心配している。


 (雪虫の舞)
 その日は久しぶりに雪の降りしきる日で、炬燵と仲良く本を読んでは寝たり、テレビを観て過ごしていた。
 ふと、窓辺を見ると、そう時も経っていないのに庭のすべてのものが雪かぶりの姿に変わっていた。
そして、まるで雪虫が飛び跳ねしているように、とても楽しそうだ。

 こうして、じっくり見ると面白い。
雪と雪が舞い降りながら話し合っているようにも見える。
再び窓辺に移すと、雪虫が窓越しに部屋を覗き込んでいるようだ。
まるで雪が生き物みたいだ。

 そんな思いで楽しく観ていた。
「ハイお茶」という声に、また現実へと戻った。
posted by むた秀敏後援会 at 07:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。