2011年10月17日

27、身障者の国会秘書

 昭和49年6月下旬のこと、その時は参議院選挙の中盤戦の頃だった。

 明日運動から帰ってきて、個人演説会もないから、君に話があるから家に来いとのことだった。
 翌日行くと、選挙情勢の話しをしてから「そこでだが、君は今後、政治家を目指すか、事業でもやるか一晩考えて来い。政治家を目指すなら東京へ第一秘書として連れて行くから。」との話であった。

 両親とも相談したが、お前の考えで決めなさい。
 もう農業をやれる身体ではなくなっていたので、両親も思いがあったのであろう。
 母が、「その身体で大丈夫かい。秘書など手が悪くて出来るのかい。淑子さんも娘が小さくて、お腹にも身籠っているし、東京での初めての生活は大変だろう。よく話し合って決めた方が。」と不安そうな顔つきだったし、父も寂しそうにも思えた。

 しかし、これが人生の転機だ。
 師匠が言ってくれたのだから、これを活かして人生再スタートだと決意し、翌日きっぱりと「秘書として連れて行って下さい。」とお願いすると「よし、それでは上京の準備をしなさい。7月中には上京するように。もう一人は会社の社員で君よりも若い者を付けるから心配しないでよか。」と言った。

 このようにして、その後の政治への道が開けて行くのであった。
 ここで書く本題は、国会議員には参議院議員になった八代英太氏が車椅子で後に国会に来たが、秘書として、手の不自由な障害者の秘書など一人もいなかったと思う。

 或る時、議員会館の女性秘書たちが、「福岡先生のあの秘書さんは、何で先生の鞄を持たずに付いて行くのだろう。」と話題になっていたそうだ。
 私には1回もと言っていい程、鞄を持たせなかった、前に「鞄は持って行きます。」と言うと、「君は手が悪いからいい。」と言って持たせることは無かった。
 自分の会社でケガしたとの思いよりも、弱者のすべての人に配慮の気持ちだったと思っている。
 それは政治行動でよく分かっていた。

 よく怒られていたが、本当は心の優しい、心配り、気配りの方であった。
 私は福岡日出麿先生を人生の師匠と思い生きてきたことを誇りに思っている。
 そして、本当に有難く思っているものである。
posted by むた秀敏後援会 at 08:22| ケガと人生の転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。