2011年09月19日

19、公衆電話の縁

 もう、この頃は散髪も立派にして友人と外食などと、病人の姿から変わってきていたが、それでもデートに誘うチャンスはなかなか出来なかった。
 それでもと思い、たびたび公衆電話を掛けに受付の方に行った。
 居れば横目でちらっと見たものだった。

 用も無いのに公衆電話を掛けに行き、時にはかかりもしない番号や話し中のふりをしていたので、後に女房の話しだが、「高橋さん(旧姓)、あの人あなたに気があるんじゃない。」と同僚から言われていたようだった。

 ♪♪ なにも言わずに このままそっと 汽車に乗ろうと 思ったものを ・・・   ベルが鳴る鳴るプラットホーム・・・さようなら、さようなら、お別れ電話の 最後の言葉 ♪♪もう亡くなられた松山恵子の歌(お別れ公衆電話)ではあるまいに、公衆電話も私を嫌いになったのではと・・・。

 しかし、それが実を結ぶ方へと向かっていたのである。
 今で言うデートらしいことだが、二人で大宰府天満宮へ行ったのである。
 その日の夕食をキャンセルにして行ったように記憶している。
 後の話しだが、天満の鳥居をくぐると縁切りになるとか、それでも逆説的に考えればと思っていた。

 ところがである、この後の話しであるが、彼女にはその時既に結納を交わした人が大阪にいたそうで、私との交際が深まるにつれ、その人との結納を破断にするのが大変だったと聞いた。
 それを私は確認したことはない、しかし相手の人には知らなかったとはいえ、申し訳ない気持ちだ。

 女房には私と結婚してくれて良かったと思う反面、なんか、どこかにトゲが刺さった気持の時もあった、今はもう昔の話しだから・・。

 昭和45年10月14日に、それこそ田中二郎院長先生の仲人のもと結婚したのである。
 昼間に結婚式そして夕方地元公民館でお披露目、その足で1泊2日の新婚旅行を軽のオンボロ車で行った。
 その事は今でもヒビイテいる、何かあると「満足な新婚旅行にも連れて行かなかった。」と言われるが事実であるので反論は出来ない。

 何事も最初が肝心との言葉は、これから結婚する人には大切にしてほしいと期待する。
 

posted by むた秀敏後援会 at 05:33| ケガと人生の転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。