2011年09月15日

18、付き添いのおばちゃんの話し

 「今朝、電話を掛けに行ったでしょう。その時に受付の奥に事務員さんか、薬剤師さんか若い可愛い女の子がいたよ。前に嫁さんの話をしていたでしょう、いっぺん見てみたら一緒に行くから。」とおばちゃんの話しであった。
 さらに「受付の側に公衆電話があるのよ。電話でも掛けに行って見てみたら。」そう付け加えてくれた。
 自宅への用事もあったので、夕方前二人で行ってみた。

 行きは居なかったが、帰る時奥から人が来た。
 「あの人よ、どう思う、いい感じの人でしょう。」おばちゃんが続けて押し付けるように言った。
 私はおばちゃんの肩を叩いて無言で歩き始めた。

 「少し詳しく聞いとくね。感じよかったでしょう。もし彼氏がいたら残念だね、しかし縁とは不思議なものだからね。私は何となく感が当たるのよね。」と部屋に着くまで話していたが私は無言だった。
 すると「あなた、ああいうタイプは嫌い。」と畳み掛けてきたので、
 「さっき見ただけですが、嫌いなタイプではないですよ。」
 「あなたも好きなタイプじゃない。」と言ってきたので、
 「おばちゃんにお任せします。と言ってしまった。
 すると、おばちゃんは「明日から色々と話を聞き出してみるからね。」と張り切って、そして楽しい様子だった。

 一週間位経ったろうか、「あのね、色々聞いてみたけど、独身でお母さんと兄弟は多いみたい。どうもお父さんは病死、彼氏がいるかいないかは分からないが男の人と付き合っている様子はないようよ。病院内の女性も詳しく知っている人いないのかな。私が聞いたから言わなかったのかな。」と独り言のように言った。
そして「もう、こうなったらモーションかけるのよ。押しの一手だね。それで行きましょう。」とまるで自分がやるように張り切っていた。

posted by むた秀敏後援会 at 08:31| ケガと人生の転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。