2011年09月08日

16、病室にて V

 はじめて起き上がる練習の時である。
 ベッドの後方の手すりにヒモを巻き付け、それを右手で引き起き上がるのであるが、頭が数センチ上がっただけでムカムカした。
 徐々に繰り返して3日目位にはLの字になることができ、それからはベッドに配膳台を置いて食べることが出来た。
 その時の食事の美味しかったことは今でも覚えている。

 それまでは付き添いのおばちゃんが口に運んでくれていたので、自分の思うように食べれないし順序も違ったりしていたが、自分で箸を握って好きなものを自由に食べられることがこんなにも美味しいことかと思ったものだった。
 白いご飯、アジの開き、味噌汁、漬物だったが、すべて食べて本当に心から合掌し、ご馳走様でしたと言ったことを鮮明に覚えている。
 食事が楽しみとは前にも述べたが、自分自身で食べることなど当たり前の事であるが改めて感激したものだった。

 付き添いのおばちゃんが「本当に美味しかったろう、これまでの多くの患者さんもあなたの様に、自分で食べられるようになった時、皆同じ顔になるの。
誰も口には出さないが心底嬉しく有難い表情になるのよ、私はその顔を見て快方へ向かっているなと思うのよ。
段々にベッドから足を下す、立ち上がる、そして歩くと順序良く辛抱強く頑張って行かねばならないね、焦ってはダメよ。」そう言ってくれた。

 また「胃腸が悪いのではないからもう食べたいものがあったら何でも言いなさい。
そして、おそらく私の付添うのは後2週間程と思うから、それまでには歩いて院内を回れるようにしようね。
まずはベッドから立ち上がる練習が最初だね、まあボチボチやろうね。」そう言って左腕をさすってくれていた。
 眼鏡にポツリと涙を落とし、「よく頑張った、よかった、よかった。切断せずに済んで本当によかった。院長先生も本当に頑張ってくれたと思うよ。
この病院にたまに付き添いに来るけど、今回は院長の様子が少し違ったように思えたね。」と小声で、これまた独り言のように話してくれた。

 今日も工場長が来てくれた。
「気分はどうだい。」ほとんど毎日のように来てくれているが、この言葉はいつも変わらない。
「自分で食べられるようになって、美味しいやろう。」はいと言うと、
「実は僕にも経験があった、起き上がって食べてみると一味違うもんな。」
「あら、付き添いのおばちゃんには失礼なことを言ったね、ごめんごめん。」

「いいですよ、それが本当ですよ。患者さんが良くなっていくのが楽しみですから、工場長さん気にせんでいいですよ。私も本当に良い方へ向かっているので安心しましたよ。」とおばちゃんは言ってくれた。
「じゃー、また明日来るからね。」と工場長が退室した。

posted by むた秀敏後援会 at 16:01| ケガと人生の転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。