2011年07月28日

4、一般病棟へ移る

 観察室での暮らしも2か月目に入った。
 熱もかつてのように操作せずとも。8度台の前半に落ちついてきた。
 血液の流れも少しずつ回復したが、リンパ液は依然として不調で腕は大きく腫れたままの状態が続いていた。
 しかしながら自分でも最悪の事態は抜け出したのではと思うようになっていた。

 母は稲刈りなど米の収穫のため、付き添いのおばちゃんに来てもらった。
 窓からの風も少し寒く感じるようになっていた。
 まさに晩秋の季節であった。
 もう、お花畑を歩く夢など全く見なくなって、三度の食事が楽しみだった。
 特に昼と夕食のおかずを当てることも、その一つだった。
 何となく風に乗ってくる香りで判断したが余り当たらなかった。
 そんなことを思う気分になったことが回復の兆しだったといえる。

 それから2週間も過ぎたろうか、院長から明日午後、昼食を済まして一般病棟に移るからと薄らと微笑みをうかべて話してくれた。
 「本当ですか」、心の喜びと涙が出て、先生ありがとうございますと全てを言い切ったかも覚えていない。
 付き添いのおばちゃんも「よかったね、いい方に向かっていることよ、頑張ろうね」と優しく声をかけてくれた。
 やっと明日から一般病棟に移れる、その夜は朝方近くまで眠れなかった。

 家の方には、夕食ごろに電話をしてもらった。
 両親も大変喜んでいたとのことだった。
 二三日して母がやって来て、顔を見るなり涙して「秀敏、本当に頑張ったね、よかったね」と手を強く握りしめてベッドの側に座って立ち上がろうともしなかった。
 「お母さん、ご免ね、もう死なずに済むみたい、本当にご免なさい」と言って母親の方に身を寄せた。
 私はこれまで、ずぅーと両親や家族に迷惑のかけどおしだった、そう思うと今回の事故は天罰だったのではないかと観察室で眠れない日々に思っていたのである。
 まだ母がいる時回診があり院長から「気分はどうだい」と声をかけられ「少し楽になったような気がします」と答えると「そうか、無理しないように」そして母に「先が見えてきたように思います」と言い退室された。

 この部屋は8人部屋で4つのベッドが二列に並んでいた。
 私のベッドは病室の奥の窓際だった。
 このころは病室に部屋頭と言って一番長く入院している人がなっていた。
 例に倣って部屋頭をはじめ、皆に挨拶をしたものであった。
 後には私が部屋頭を務めることになるのだ。

 しかし、病院と会社と労働基準監督署の間ではいろいろと見解の相違、意見の違いなど相当の激論があったことを後に院長から聞くこととなった。
 本当に院長にも会社にも大変迷惑をかけたと思ったものである。
 
posted by むた秀敏後援会 at 07:51| ケガと人生の転機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。