2011年07月22日

ひそんでいる幸せ

 幸せになりたい、愛していると思っていても「口にしないと」、分からないじゃない。
 時代も変わって、今ではこのような話をよく聞く。

 それも間違いではあるまい、しかし私たちの世代くらいまでは、文章も行間にある意味を、言わずもがな、言外の意味を等々と言われ、もっと文章をよく読みなさいとも言われた。
 日本人の良さであると私は思う。

 よく“間”の取り方が大切だと話す時などよく言われ、話下手の私など皆さんから指摘され、口に入れて練習するマウス何とかと言う器具を買って来てくれたが、一向に向上しなかった。

 話を戻すが、ひそんでいる幸せとは金子みすずの作品にも出てくる言葉の一つでもあるが、私はなかなかいい文章だと思っていた。
 今の時代や世代の若い人にはどうかとも思うが、人の生き方に“ひそんでいる幸せ”を感じて生きていくことも大事な幸せであるまいか。
posted by むた秀敏後援会 at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。