2011年06月22日

妹からのバラ

 父の日に家内の妹から色とりどりのバラを届けてもらった。

 バラを改めて見ると、ビロードのような赤い花びらがとても綺麗だ。
 黄色、白色もそれぞれに綺麗だ。
 花びらの重なりもこれまた整然と並んで綺麗だ。
 「いま知ったの?」と言われそうだ。
 今までこんなにじっくり見たこともないし思ったこともなかった。

 今の世は、あまりに情報が多く、また多量の中に生きてモノをじっくり見、考えることが少なくなっているのではないかと思う。
 私自身も、振り返ってみると全く流れに流されて生きてきた。
 “人は世に連れ”との言葉もあるが、バラのようにいつまでも己を失わず、一途に生き続けることを花に学んだ思いがする。

 また来年も、美しいバラをこの季節にと思うものである。
posted by むた秀敏後援会 at 07:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。