2011年06月07日

小川の草刈りと体力過信

 自宅の側に小川が流れている。
 御手洗の滝から流れてくる清流である。
 もう少しでホタルも飛び交う。

 昔は水量も多く、もっときれいでよく口づけで水を飲んだものだ。
 魚もいっぱいいた、めだか、はや、あぶらめ、どんぽ、砂どじょう、ぎょたろう、やまたろがに、など泳いでいた。
 うなぎも獲れていた。
 いろんな魚がいたものだったが、もう今は少なくなってしまった。

 暫らくぶりに草刈りをした。
 梅雨で雨が降り続く前にと思いながら延び延びになっていた。
 水の中の作業は疲れる。
 たいしたことではないのにと思うが年も加わって思い以上にくたびれた。

 祖父もよく言っていた、「まだ、若いものには負けん。」と私も思うが“寄る年波”の言葉どおり何事もホドホドにと心で思った。
 息子達には言われんけれど・・・。
posted by むた秀敏後援会 at 06:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。