2011年06月04日

子供から大人へ

 5月第4週の鳥栖新聞に「大人の人にお願い」、「子供を信用して」と小学6年生の男の子と中学3年生の女の子の文章があった。
 ともに大人へそれぞれからの思いである。

 私も両方の意見に同感の思いだった。
 我々大人自身の言動が子供に正しく思われていない、やはり大人社会がもっと襟を正した言動と生活をしないと、子供達は見ながら笑っているのだろう。
 そういう私も反省の一語である。
 澄み切った瞳と心で見る子供達にしかと評価され尊敬される大人社会に努めるべきと改めて思い直したものである。

 これまでの社会の流れが、すべてに欲望を追求することを目標目的にしてきた、そんな気がする。
 もっと社会のあり方、人の生き方、など小さなこと、大きなこと、それぞれに真剣に考え直してみる必要があると思う。
 子供達にも正しく評価されるように。
posted by むた秀敏後援会 at 08:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。