2011年06月03日

見返りの滝とアジサイ

 もうアジサイの季節となった。
 梅雨のうっとうしい中に咲く清涼な花である。

 少し古い話になるが、この季節に相知の見返りの滝に気の合った仲間でよく行ったものだった。
 そこにある旅館“都荘”で会食を重ねた。
 ここの旅館のおかみさんは品のいい美人であった、もう50代近くになっているかとも思う。

 アジサイは花の色が変わっていくので楽しみも倍になる。
 滝に向って傘を差して歩くと、なにか清々しさを感じさせてくれるのも不思議であった。
 地元では恒例のアジサイ祭りの時期を迎えている。
 この頃は人出が多くなり昔の雰囲気が無くなったようにも感じ残念だ。

 だが、滝の水とアジサイのコントラストは絶妙である、いつまでも大切にしてほしい季節の贈り物だ。
 そんな思い出を残してくれる見帰りの滝である。
posted by むた秀敏後援会 at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。