2011年05月25日

安物買いの銭失い

 ユッケは私も好きで食べていた。
 焼肉店に行くとロース、カルビを中心にレバーそして卵スープ、キムチ、ビビンバなど腹いっぱい食べたものである。
 韓国の在日幹部との食事の時である、彼らはロースとかカルビなどはあまり食べない人が多く赤身やホルモンを中心に食べていた。
 私は脂身の方が好きでよく食べていたが、身体に良くないと注意をされたことがある。
 だが今もメニューはほとんど変わっていない、どちらかと言えば肉食系かもしれない。

 話を戻そう、安くていいものが一番だが、テレビの中で同業者の人があの値段(一皿280円)でユッケは出せないと言っていた。
 反論もあろうかと思うが、昔から「値段がと」とか「値段しんじゃぁ」と、いいものは高いという考えである。
 服装品などは別にしても生命に直結する食べ物は安全安心できることが第一義である。

 食の安全、お互い気を付けて。
posted by むた秀敏後援会 at 08:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。