2011年05月21日

初夏の風物

 麦も実りはじめている。
 散歩道の麦畑もいよいよ実りだした。
 まだまだこれからであるが、そう言っているうちに色づくようになる。
 この春は雨が少なく肌寒い続いた、取り入れ時期に雨が続くと麦は立ったまま芽を出すので、これからの天気次第だ。

 すでに我が家の周りでもカエルが鳴き、これを追ってホタルが飛ぶようになる。
 廻る季節に沿ってそれぞれの営みが始まりそして終わっていく、四季のある我が国は本当に素晴らしいと、どの季節になってもそう思う。

 東日本大震災をみると自然の力を恨めしくさえ思う。
 自然に生かされている者としてその力を受け入れねばとも思う。

 初夏の青葉はまた美しいものである。
 目に青葉 山ホトトギス・・・である。
posted by むた秀敏後援会 at 06:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。