2011年04月29日

おたがいさま

 最近“おたがいさま”という言葉をあまり聞かなくなったように思う。
 都会のみのことでない、良い時も悪い時もおたがいさまで近所づきあいをしてきた。

 これは大きく言えば、我が国全体が一つの家族、家族的国家であったはずだが、その環境は少しづつ変化し、今日では個人主義、利己主義社会へと変化してきていると思える。

 それが今回の大地震と大津波そして原発事故で意識が大きく変わった。
 がんばれ日本!
 日本中の人がそれぞれの立場で立ち上がり、世界の国々からも支援してもらっている。
 日本人の心を一つにしてくれたことは意義深い。

 我々が失いかけた“おたがいさま”の気持ちを取り戻させてくれたことも大変大きいものがある。
 我々は常に“おたがいさま”の気持ちで生きて行こうではないか。

 “おたがいさま”の社会だ。 日本は。
posted by むた秀敏後援会 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。