2011年04月08日

道端のたんぽぽ

 いつもの散歩道を久しぶりに歩いた。
 ちょっと来ないと、タンポポの黄色い花があちこちに咲いている。
 吹く風は冷たいが、麦の葉も大分大きくなっている。

 自然はいつも正確に時を刻む。
 それぞれに花を咲かせ、実をつけそして枯れていく。

 歩いていくとスイセンが名残を惜しむように咲いている。
 やがてスイセンの季節は終わる。
 同じ黄色花だけどタンポポに比べ何か力強さが感じられないのは何故だろうか。

 歩いていると2台のトラクターに会った。
 それぞれに畑の種まきの準備のようだ。
 黒い土地が耕され元気に蘇る、これから作物を作る土地だ。

 この土地にも春を感じる。
 ここは長芋の作付けだ、暮れにはあのネットリとしたトロロが出来るのであろう。
posted by むた秀敏後援会 at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。