2011年02月04日

市民との対話集会

 2月2日19時より市民文化会館に1200人の来場をいただき、むた秀敏と鳥栖市を語る会開催しまた。
 特に強い動員などしないでの催しだったのでスッタフは来客を気にしていたようだが、多くの方々に来ていただき盛大に催しができたことを感謝している。
 寒い中、夕食時でもあり、そして私の悪い癖(長話し)が出て時間オーバーになってしまい、来場者に申し訳ない気持ちである。
 私も精一杯気持ちをぶっつけて参加者のご理解とご支援をお願いいたしました。

 開会前のアトラクションでは“日向ひょっとこ踊り”鳥栖愛好会の踊りが爆笑の渦で、続く勇壮なソーラン踊りも場の雰囲気を盛り上げていただき、よき意見交換の場となった。
 数日前、ソーランのチーム練習を見に行ったが、夜も更ける時間なのに熱心に練習の最中で、この日のために練習はまだまだ続くとのことで頭が下がる思いだった。

 多くの方からこのような催しをと数多くとの声をいただいた。
 不安の思いもあったが、やってよかったと思った。
 残された時間、後援者をはじめ友人、知人のご協力で全力で戦い抜く決意であります。

 私も頑張るぞ。
ひょっとこ.jpg
posted by むた秀敏後援会 at 11:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。