2011年02月01日

中国GDP世界2位と日本

 中国がついにGDPで日本を抜いた。

 中国が発表した2010年の速報値は名目のGDPが前年比16.7%の約514兆円で、2月に発表される日本のGDPを越えることが確実になった。
 日本は1968年以来、42年間守り続けた世界2位の経済大国の地位を明け渡すことになった。
 勿論1位がアメリカであることには変わりない。
 一時期アメリカを抜くのではと言われた時期もあった我が国も、今はだんだんと経済力が低下している。

 かつての日本はどうなったのかと思う。
 戦後日本の青年はアメリカに追いつき追い越せを目標に頑張って世界第2位までになった。
 今の中国が日本に追いつき追い越せを目標にしたに違いない。

 我が国の若い世代の諸君、君たちに次世代の日本が世界1位になる希望を持たせてほしい。
posted by むた秀敏後援会 at 08:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。