2011年02月08日

元気です

 汚いデマが流れ始めた。

 先日、市内で「牟田さん、あなたは2度ほど脳梗塞で倒れた経験があるので身体が悪いとか弱っているとか、ひどいのになると市長職は無理らしい、とかデマやうわさ話を流しているようだ」と聞いた。

 とんでもない、脳梗塞など1回も患ったことはない。
 私は元気で朝早くからの行事も出かけているし、夜の語る会も校区ごとと町区から要請があれば出向いて話し合いの場を設けている。
 どの会場も熱心に質問や意見を出していただき有意義な会になっている。

 今後も要請があればどんな会合でも出向くつもりです。
 気軽に声をかけて下さい。

   デマなどには負けません。
posted by むた秀敏後援会 at 02:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

山を守り育てる

 昔から山を守り育てると、水が増し、川が育ち、海が栄えるという。
 自然の育みである。

 いま、山が荒れていると聞く。
 それは山を守り育てていないからということである。
 登山ブームともいうが、山に登る人が増えただけで山を育てる人が少なくなった。
 田舎でも近代的な家と生活で、まきを燃やし煮炊きしたり暖炉とする事など全くない。
 オール電化でガスさえいらなくなっている。
 近代化に伴い山は荒れ、自然が崩されている。

 私たち人間が自然から遊離していっているのではないかと思う。
 昔いなかった街中にメジロが椿の蜜をとっている。

 この光景をどう思いますか?
posted by むた秀敏後援会 at 06:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

アジアカップ王者の日本サッカーとサガン鳥栖

 いよいよ3月にJリーグの今シーズンが開幕する。
 アジアカップの王者にもなった日本サッカーの実力もアジアを制するまでに成長した。
 2014年のW杯ブラジル大会が楽しみだ。

 サガン鳥栖も誕生してJ2に甘んじているが今シーズンこそJ1への昇格の夢の実現に努力してもらいたい。
 そのための支援体制が問われる。
 チームへの期待とともに地元の支援体制、応援体制にも一考を要する。
 これ以上のチームを望むとすれば行政の対応も真剣にそして具体的な支援を考え実行しなければなるまい。
 練習グラウンド、クラブハウス、トレーニングルームどれ一つとっても他のチームに劣っている。
 いや、専用といえるのものは何一つ整っていない。
 支援体制の強化も鳥栖市中心では限度があることも分かっている。
 現在の井川体制は本当に頑張っている。
 この上は県と鳥栖市がこれまで以上に行政の取り組みを真剣に考えねばなるまい。
 チームを強くするフロントの役目は財政力の強化しかあるまい。
 先ずは環境整備に努めることが行政の取り組むべき課題だと思う。

 金がなければ知恵を出せとよく言われるが、知恵もそういつまでも出るものでもない。


posted by むた秀敏後援会 at 07:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。